需要の拡大により発展したITテクノロジー

コンピューターはこれまで世の中を便利なものにしてきました。
最初は、ごく一部のプログラマーしか扱えない閉鎖された環境が、短期間で今日まで発展するとは誰が考えたでしょう?そしてこの産業のテクノロジーの躍進は、ここまで一般化されたニーズの拡大を於いて語れません。

当初、家電業界でコンピューターを扱いだした時、日本の某有名企業2社は参加しておりませんでした。その理由は、コンピューターはある程度プログラムの知識がないと扱えず、とても一般に普及するとは考えられなかったからです。

コンピューターのテクノロジーが飛躍的に伸びたのは、2000年問題で騒がれだし頃です。当時電話の一般回線を利用して通信していたインターネットも、ADSLなどのブロードバンドが誕生し、ITという言葉もこの頃から使われだしたのです。ITとは(インホメーション・テクノロージー)の略で日本語に直すと情報技術です。その名の通り、一般回線~ADSL~光回線~携帯回線というように、インターネットで繋がる情報網技術が飛躍的に改善されました。

そのテクノロジーの進化とともに、インターネットを利用する顧客のニーズも増え、今では日本の某有名企業もこの産業に参入しております。また、携帯電話でのインターネット通信も、このIT産業を大きく飛躍させた原因でしょう。

まだまだ、パソコンを全然扱えない人も多くいますが、携帯でインターネットを活用する人が増えています。そしてそれに呼応するかの様に、ハードウエアーのテクノロジーも、恐ろしいほど早いスピードで進化しました。メモリーが、ここまでコンパクトで大容量になるとは、当時の誰が考えたでしょう。

この飛躍的なITの発展に、私達の生活もかなり便利になったことは誰もが実感していることでしょう。
ネット環境が当たり前になった今、独立して自分で働くスタイルも人気を集めています。現に、アメリカではフリーランスとして働くことが会社員と同じくらい認知されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です